犬から発症する病気「狂犬病」は、1957年以降日本で発症していないので、現在では知らない人の方が多いでしょう。
狂犬病は感染病の一種であり、アジアは1番発症率が高いということです。

狂犬病の予防接種

狂犬病に感染している犬に、人間が噛まれた場合、唾液中に入っているウィルスが、噛んだ部分から体内に入って、中枢神経に影響を及ぼすことで、全身が麻痺したり、性格が壊れてしまいます。

狂犬病の病気が発症するのは、人間ばかりでなく、哺乳動物はみな感染し得ます。
狂犬病は、死を引き起こす病気なのであり、発症は感染後1〜2ヵ月だということです。

狂犬病にかかった人間から、他の人間へと移る報告は、現時点ではありません。
狂犬病という病気の症状は、よだれを垂らしたり、誰彼構わず噛みついたりといった行動が見られます。

頭痛や発熱、倦怠感、嘔吐、空咳、食欲不振などもあります。

狂犬病の犬が噛んだ部分辺りの知覚症状や脳炎症状が現れると、興奮気味になり、運動過多になったり、水を恐れたり、幻覚を見たりして、最後は昏睡状態から息が停止し死に至ります。

狂犬病の予防方法は、法律で義務付けがされているのですが、年1回の予防接種が有効でしょう。

住民センターや病院で、春ごろになると集団接種があります。
飼犬登録も、予防接種と同時にできます。

狂犬病の犬に噛まれた場合は、石鹸での水洗い後に病院へ行き、狂犬病ワクチンと、抗狂犬病ガンマグロブリン注射を受けます。

狂犬病にかかったら、治療法がないので、早期のワクチン接種が肝心です。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

犬の病気の症状:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://dog.mb34.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。